2019年10月12日土曜日

我を捨てる‐夏の思い出‐

 「今はもう秋、誰も居ない海」この時期になると、この歌が何時も思い出される。過ぎた夏、今年の夏を思い返す時、「我を捨てられない」人々の姿が浮かんで来る。「徴用工」問題を巡り日韓両国の軋轢は大きい余波を生んだ。「解決済み」とする我が国の政治家の姿勢。最高裁まで持ち込んだ韓国の人々の思い。何が正しいのだろうか?韓国では日本企業を相手取った元徴用工や遺族による賠償請求訴訟が頻発している。ただ、元徴用工に対する補償問題は「日韓請求権協定」で解決済みであり、日本が韓国に有償、無償で計5億ドルの資金を供与。当時のレートで約1800億円、韓国の当時の国家予算の約2年分にあたる。協定では「完全かつ最終的に解決された」としており、無償供与分には個人補償に充てるべき解決金も含まれていた。これらの事実をよそに、韓国の文在寅大統領は今年8月、就任から100日の会見で「元徴用工の個人請求権はまだ残っている」と述べた。だが、その翌週には安倍首相との電話会談で発言の修正をしている。韓国国内では徴用工被害者の個人補償が充分に為されて居ないのが実情のようである。徴用された方々、当事者達の心には、「解決済み」とは割り切れないものがあるのである。「心の問題」である。

 第二次世界大戦において、我が国は侵略戦争を仕掛け、アジア諸国に対し大きな罪を犯した。それに対して、「罪責告白」は為されてないのが実情である。フイリピンを訪問した際にも「罪責告白」の必要性を痛感した。「解決済み」と「我を張る」前に、「何故か」と一歩下がり、静かに自省する心が必要ではないか。これは徴用工の問題ばかりでなく、家庭、社会、教会の中でも言えることである。「我を張る」ことでは「解決済み」にはならない。自他共に不幸になるばかりである。真の平和は実現しない。「頭を垂れて」歩みたいものである。